​よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

日本人学校との違いを教えてください。

「日本人学校(にほんじんがっこう)は、国外に住む日本人子女を対象に日本国内の小・中学校と同等の教育を行う機関。通常課程とされる平日の毎日6時間程度の授業を行う全日制で、文部科学大臣が認定した学校。日本人学校と混同されることが多いが、在外日本人の児童・生徒が週末や平日の放課後に通って日本語を学習する学校は補習授業校(略称 補習校)という」http://ja.wikipedia.org/wiki/日本人学校(Wikipediaより引用)

 

​ミネソタ日本語補習授業校とは違う学校なのでしょうか?

​運営組織の異なる、別の日本語補習授業校です。かつては、ミネソタ日本語補習授業校が唯一のミネソタ州の日本語補習授業校でしたが、1993年に本校が新たに設立されました。

 

​ミネアポリス日本語補習授業校が対象としている児童・生徒を教えてください。

​本校は、日本を学びたいと思っている児童・生徒が対象です。但し、授業はすべて日本語で行われていますので、各学年に相当する日本語学力を有しているかの審査を、入学前の体験入学や面接の際におこないます。

現地校情報を教えてください。

こちらの「リンク集」の「ミネアポリス生活情報」に掲載していますのでご覧ください。

スクールバスはありますか?

スクールバスはありません。各ご家庭で登校・下校していただきます。

 

 

​保護者が待機でいる場所はありますか?

カフェテリアがご利用頂けます。お飲み物や軽食の販売もあります。

宿題はありますか?

はい。補習校での限られた学習時間を補うには、各ご家庭での指導が重要です。宿題の添削も、各ご家庭でお願いしています。

 

 

日本の本が借りられますか?

はい、当補習校の図書室には、多数の日本語の本・ビデオ・DVDがあります。絵本、学齢に応じた蔵書が借りることが出来ます。

 

 

学校では日本文化に関するイベントがありますか?

はい。運動会や新年会(餅つき、琴、日本太鼓の演奏、カルタなどお正月遊び)を開催しています。幼稚部では、豆まき、秋祭りなど、学校全体でも四季折々の日本行事が行われています。

 

 

飛び級はできますか?

年齢相当の学年を超えて進級すること(飛び級)は、本校では認められていません。

 

 

入学に年齢の上限はありますか?

本校に入学し、授業を受けることができるのは高等部3年相当の年齢までの方とします。

 

 

保護者はどの程度学校運営への参加が求められますか?

お子さんの学年によって異なりますが、学校行事へのサポートをすべての保護者の方に父母会を通じてお願いしております。幼稚部にお子さんが通われる場合は、授業中の先生のサポートを交代でお願いしております。
また、学校運営のページにあるように、役員会メンバーとして学校運営その他、ご協力に応じての可能な範囲での参加をお願いしております。

 

 

保護者同士が子供達の教育に関して相談できる機会はありますか?

本補習校は、保護者同士が互いに情報を交換したり相談をする様々な環境を提供しています。年に二度、「保護者勉強会」を開き、先輩保護者の経験を学んだり、学術的な見解を基にした話を専門家から聞いたり、活発な意見交換の場となっています。また子ども達の教育のみならず、本校保護者やその関係者の多岐にわたる専門の分野(芸術、科学、教育、医療など)について易しく解説する「特別講演会」を毎年開催しています。これ以外にも、補習校運営のお手伝いの活動を通じて、保護者達も楽しみ、学ぶ場となっています。

 

 

その他、日本語学習へのサポートはありますか?

本校は日本漢字能力検定(漢検)の準会場に認定されています。
本校の生徒と保護者を対象に、年2回(6月と11月)漢検を実施いたします。

 

 

保護者向けの英語・日本語のクラスはありますか?

当補習校では、ボランティア講師による英語・日本語クラスを実施しています。保護者やその知り合いの方も受講できる、大人向けのクラスです。年々人気が高まっており活気にあふれています。